QLOOKアクセス解析
 


English version is here.

Contents

EBMについて
   一般向け
   医療従事者向け
各地のEBM勉強会紹介
pES club(学生EBM勉強会)
エビマヨの会(EBM抄読会)
なんごろく(診療のTips)
EBM関連イベント
資料集
管理人プロフィール
リンク集
更新履歴
アンケート
  ↑ご協力下さい!
お問い合わせ先


アンケートにご協力を!

ご感想をお寄せ下さい

このページへリンクを張る際は,
お手数ですが
管理人
までご一報ください

 ホーム > pES club >

pES club

 現在の取り組み

 pES clubは発足時(第1期)の参加者は10名でしたが,そのほとんどが6年生であり,所属大学もバラバラであっため,卒業後に引き続き例会への参加を期待するのは難しいと考えられました.継続することに意味があると考えた南郷は,pES clubを1年間のEBM学習カリキュラムとする事にしました.すなわち,まず12月にEBMセミナーを行ってEBMの全体像を講義し,続く1月から翌年の3月までの15ヶ月間を1つのシーズンとして,月1回の例会を行いながらEBMの実践法を一通り学ぶというスケジュールにしました.

 発足時(第1期)の参加者は10名でしたが,そのほとんどが6年生であり,所属大学もさまざまだったため,卒業後に引き続き例会への参加を期待するのは難しいと考えられました.継続することに意味があると考えた南郷は,pES clubを1年間のEBM学習コースとすることにしました.まず12月にEBMセミナーを行ってEBMの全体像を講義し,続く1月から翌年の3月までの15ヶ月間を1つのシーズンとして,月1回の例会を行いながらEBMの実践法をひと通り学ぶというスケジュールにしました.

  第2期は参加者数を11名として,学年も3年生から6年生までと幅を持たせ,さらに,医学部に加えて歯学部の学生も含めて開始することになりました.また,第1期ではあまり計画的なカリキュラムを組むことができなかったため,第2期はあらかじめ学習内容を決めておくことにより,まんべんなくEBMについて学べるように工夫しました.

 具体的には,15ヶ月間を前期,中期,後期に分け,前期の例会では原則として,毎回EBMの5つのstep全てについて,特にstep3を中心にsmall group discussion形式で学習します.教材(シナリオ,チェックシートなど)は独自のものを作成し,なるべく参加者の興味に沿った題材を用いるよう心がけています.月1回の例会のみでは議論の時間が不十分であるため,これを補完するものとしてメーリングリストを立ち上げています.教材の配布や事務連絡,学生同士のディスカッションなどは,全てこのメーリングリストを通じて行っています.中期ではstep毎に集中して実践し,また合宿や忘年会なども行っています.後期は次のシーズンの学生を教えながら,知識と技術の定着を目指します.

  第3期ではさらに薬学生が加わり,第4期では薬学生に代わって看護学生が加わり,これまでと違った風を吹き込んできました.第5期では,4つの学部が揃って総勢20名の大所帯となったため,新たに学部を混在させた4つの“家”に分け,互いに切磋琢磨する環境を作っています.

 また,多様な参加者の興味に応えるため,南郷のほか社会人(歯科医師,薬剤師,看護師など)数名が講師陣に加わっており,取り上げる題材に応じて参加しています.




Copyrights(c)2004- Eishu NANGO

All rights reserved
禁無断転載