QLOOKアクセス解析

 


English version is here.

Contents

EBMについて
   一般向け
   医療従事者向け
各地のEBM勉強会紹介
pES club(学生EBM勉強会)
エビマヨの会(EBM抄読会)
なんごろく(診療のTips)
EBM関連イベント
資料集
管理人プロフィール
リンク集
更新履歴
アンケート
  ↑ご協力下さい!
お問い合わせ先


アンケートにご協力を!

ご感想をお寄せ下さい

このページへリンクを張る際は,
お手数ですが
管理人
までご一報ください

 ホーム > 資料集 >

EBM資料集−英語が苦手な人のための便利ツール

 この国際化時代に,あえて英語を避ける,それがThe SPELL流.電子辞書が不要になります.


アルク(英辞郎) (最終更新2014/1/28)
ライフサイエンス辞書(LSD) (最終更新2014/1/28)
Google Chrome日本語翻訳 (最終更新2014/1/28)
Google Chromeへマウスオーバー辞書機能を追加するには (最終更新2014/1/28)
Acrobat Readerへマウスオーバー辞書機能を追加するには (最終更新2014/1/28)
Lingoes Translator: Acrobatへマウスオーバー辞書機能を追加 (最終更新2014/1/30)

 アルク(英辞郎) (項目新設2014/1/28,最終更新2014/1/28)

 スペースアルク(英辞郎)は,無料で利用できるウェブ版の英和,和英辞典です.医学分野に強く,簡単に検索できます.
 PubMedなど英語のデータベースで検索する際に重宝します.アルクを使って英単語を翻訳することを「歩く」と呼んでいます(冗談です).

 いくつか候補が出てきた場合は,《医》とついているものが専門用語なので,それを選んでコピペして検索するといいでしょう.例えば「脳梗塞」の場合は,「Stroke《医》」です.

 ライフサイエンス辞書(LSD) (項目新設2014/1/28,最終更新2014/1/28)

 ライフサイエンス辞書(LSD)プロジェクトは,京都大学大学院薬学研究科生体機能解析学分野の金子周司教授が中心となって行っている無償の電子辞書です.
 LSDプロジェクトでは様々な学問領域の研究者が協力しあい,広範な生命科学(ライフサイエンス)の学問領域で使われる専門用語,対訳,用法,各種の統計情報を分析,収集するとともに,実際に電子メディアで活用することのできる電子辞書やパソコンツールを開発し,可能な限り無償で配布しています.
 LSDプロジェクトで制作する辞書は,すべて学術論文の計量的な解析を行って作成した独自のデータベースに基づいており,かな漢字変換,英和,和英,用例,共起表現,スペルチェックなどの各種辞書を製作しています.
 また,電子辞書の利用環境を充実させるため,これまでにWebLSD,EtoJ,EtoJ vocabulary,さらには携帯電話用の辞書サーバなど,インターネットを活かした画期的な検索ツールを開発しています.

 ライフサイエンス辞書では,Firefox用のマウスオーバー辞書を提供しています.ウェブブラウザにFirefoxを使っている方は,これをアドオンしておけば便利です.

 Google Chrome日本語翻訳 (項目新設2014/1/28,最終更新2014/1/28)

 Googleが提供する無料のウェブブラウザChromeは,右クリックでコンテンツを一発日本語翻訳してくれる優れた機能を持っています.
 特別なことをする必要はありません.ブラウザをインストールして,目的にウェブサイトを表示させて,単に右クリックして「日本語に翻訳する」を選択するだけです.
 ブラウザは,断然Chromeがオススメです.

 ブラウザの上部に自動的に翻訳のボタンが出てくることもありますので,これをクリックしても全部翻訳されます.翻訳にかかる時間は,数秒〜数十秒ととても早いです.

 Google Chromeへマウスオーバー辞書機能を追加するには (項目新設2014/1/28,最終更新2014/1/28)

 Google Chromeで表示された英文の英単語の訳語を表示してくれるマウスオーバー辞書機能を追加するには,拡張機能で,Weblioポップアップ英和辞典を追加すれば簡単にできます.これはとても重宝します.もちろん無料です.

 Acrobat Readerへマウスオーバー辞書機能を追加するには (項目新設2014/1/28,最終更新2016/8/10)

 通常のAcrobat Readerではマウスオーバー辞書機能がなく,pdfファイルで英単語が分からないときにはいちいち辞書を引かなければならず不便です.これを解消してくれるのが,Weblio英和辞典プラグインです.インストールを行ってAdobe Readerを起動すると,メニューバーに「Weblio」という項目が追加されるので,クリックして初期設定を行います.
 詳しい解説はこちら

(2016/8/10追記)
従来利用できなかったAcrobatでも利用可能になっています.

 Lingos Translator: Acrobatへマウスオーバー辞書機能を追加 (項目新設2014/1/28,最終更新2014/1/30)

 Acrobatでは,上記Weblio英和辞典プラグインではマウスオーバー辞書機能は使用できません.Acrobatを用いてpdfファイル上でマウスオーバー辞書を表示させるアドオンツールとしては,Lingos Translatorが便利です.
 こちらのページからダウンロードできます.2014年1月28日現在の最新バージョンは2.9.1です.
 インストールの手順は,こちらに詳しい解説があります.ここには英辞郎の無料辞書が利用できるとありますが,辞書リストには見当たりません.そこで私は,医学分野もカバーしてあると書いてあったVicon English-Japanese Dictionaryを導入しました.その後,英辞郎の無料辞書が置いてある中国のページが見つかりました.

 デフォルトの設定では,「マウスオン辞書」の「組み合わせキー:」が「右クリック + Ctrl」になっていたので,私は「マウス上」のみにしました.また,日本語の文字の上にマウスを置くだけでポップアップが表示されてしまうので,「日中韓語を無視」にもチェックを入れました.

 Acrobatでマウスオーバー辞書機能を利用するには,さらに下記Lingoes Text Capture Plug-in 11.0 for Acrobatをインストールします.下の写真にあるように,apiファイルをAcrobatのアプリケーションが入っているフォルダにあるplug_insフォルダに追加します.

※記載内容に間違いをご指摘頂ける方やご意見をお寄せいただける方は,是非,こちらまで御連絡下さい.




Copyrights(c)2004- Eishu NANGO
All rights reserved
禁無断転載