English version is here.

Contents

EBMについて
   一般向け
   医療従事者向け
各地のEBM勉強会紹介
pES club(学生EBM勉強会)
エビマヨの会(EBM抄読会)
なんごろく(診療のTips)
EBM関連イベント
資料集
管理人プロフィール
リンク集
更新履歴
アンケート
  ↑ご協力下さい!
お問い合わせ先


アンケートにご協力を!

ご感想をお寄せ下さい

このページへリンクを張る際は,
お手数ですが
管理人
までご一報ください

 ホーム > pES club > 過去の例会の記録-中期

pES club

 第10期第8回例会-step1大会

日時:2011.9.18

例会では,各自の臨床状況と,そこから立てたPICOを発表し,ディスカッションした.

参加者の立てたPICO:

PICO
医学部6年 P:認知症があり、寝たきりで、一度嚥下性肺炎を起こし、嚥下機能が低下した、85歳の女性が
I:胃ろうを造ることは
C:胃ろうを造らないことと比べて
O:嚥下性肺炎の罹患率が低いか
カテゴリー:予防
医学部6年 P:敗血症性ショックで気管挿管されており、ドパミン、ノルエピネフリン、ミタゾラム、ステロイドを投与されている、糖尿病などの基礎疾患のない58歳女性が
I:インスリン強化療法を受けることは
C:通常のインスリン療法を受けることに比べて
O:死亡率が低下するか
カテゴリ:治療
医学部6年 P:生後2ヶ月の男の子の乳児が(打つときは生後2ヶ月のため)
I:肺炎球菌ワクチンを接種するのと
C:接種しないのと比べて
O:肺炎の罹患が減るか
カテゴリー:予防
医学部6年 P:62歳男性が
I:慢性腎臓病で、血液透析していることは
C:慢性腎臓病でないことと比べて
O:脳血管性認知症を発症しやすいか。
疑問のカテゴリー:病因
医学部5年 P:小学生の子供がおり、生来健康で2011年4月に胸部単純X線写真で異常を発見され、現在無症状のstageⅢ非小細胞肺癌の46歳男性が
I:外科手術+化学放射線療法を行うのは
C:化学放射線療法単独と比べて
O:生存期間を延ばすことができるか
疑問のカテゴリー:治療
歯学部6年 P:歯周ポケット5〜6mm、下顎右側小臼歯部に動揺有り、全身疾患の既往・薬物服用のない52歳の女性が
I:SRPにくわえてフラップ手術を受けることは
C:SRPのみと比べて
O:歯周ポケットが浅くなるか
カテゴリー;治療
薬学部6年 P:交代型IBS様の症状があり、1cmほどの血栓性外痔核を有する20代女性が、
I:ヘモナーゼ配合錠(3T 分3毎食後)とネリザ軟膏(2本 分2 朝夕)で治療するのは
C:治療しないのと比べて
O:早く痔核の消失は早まるか
疑問のカテゴリー:治療
薬学部6年 P:50歳男性。5年前より尿糖指摘。
身体所見:身長177cm、体重80kg、下肢に浮腫を認める。脈拍68/分、血圧188/90mmHg
尿検査:タンパク(2+)、糖(2+)、ケトン体(-)。
血液生化学検査:空腹時血糖200mg/dL、尿素窒素(BUN)27mg/dL、クレアチニン1.4mg/dL、総コレステロール277mg/dL、トリグリセリド250mg/dL、Na 144mEq/L、K 3.8mEq/L、Cl 108mEq/L。
I:βブロッカーを服薬することは
C:他の降圧薬を服薬することと比べて
O:死亡率があがるか
カテゴリー:治療
薬学部6年 P:2週間に1度医師の往診を受けているが、健康で現在服用している薬剤のない100歳の女性が
I:活性型ビタミンD製剤を服用することは
C:服用しないことと比べ
O:転倒のリスクが減少するのか
カテゴリー:予防
薬学部6年 P:中等リスク群のIgA腎症と診断された48歳男性が
I:扁摘パルス療法を行うことは
C:扁摘パルス療法を行わず、ステロイド療法のみに比較して
O:腎予後は改善するのか?
疑問のカテゴリー:予防
薬学部6年 P:かぜ・インフルエンザ予防のために、23歳女性(現病歴・既往歴なし)が
I:水道水でうがいすることは
C:ポビドンヨード含有うがい薬でうがいすることと比べて
O:かぜ・インフルエンザの発症が減るのか
疑問のカテゴリー:予防
薬学部5年 P:無治療であれば余命3ヶ月と宣告されており、病巣が小弯にあって胃の上部から中部にかけて浸潤していて、組織型が管状腺癌中分化型かつ低分化腺癌充実型で、Borrmanの分類でびまん浸潤型で、リンパ節転移と腹膜播種を認める、StageⅣの進行性胃癌の患者さん(60歳代男性)が、
I:TS-1+ドセタキセルの化学療法を受けると
C:TS-1+シスプラチンなどの他の化学療法を受けるのと比較して
O:生存期間をどれだけ延長できるか
疑問のカテゴリー:治療
薬学部5年 P:生来健康でおそらく過去に性交経験のない20歳の女性が
I:子宮頸癌ワクチンを受けるのは
C:子宮頸がんワクチンを受けないのに比べて
O:子宮頸がんは減るか
疑問のカテゴリー 予防
看護学部修士2年 P:26歳2経産、妊娠40週3日の、母児ともに妊娠経過は問題なくローリスクの妊婦が
I:乳房/乳頭刺激を行うと
C:乳房/乳頭刺激を行わないことに比べて
O:3日以内に陣痛が来て助産院で出産出来るか
疑問のカテゴリー:治療
看護学部3年 P:38℃近い発熱、くしゃみ、鼻汁、咽頭痛があり風邪と診断された20代の女性が
I:ビタミンCを通常より多く摂取することは
C:ビタミンCを通常の範囲で摂取することと比べて
O:風邪症状(発熱、くしゃみ、鼻汁、咽頭痛)がはやくおさまるのか
カテゴリー:治療
今期は,例会への参加人数が少なかったものの,




Copyrights(c)2004- Eishu NANGO
All rights reserved
禁無断転載