EBMポートフォリオ作成のコツ

BMポートフォリオは,現場でのEBM実践経験からの学びを振り返った記録です.EBM実践の過程を開示することで,その遂行能力がどれくらいあるのかを評価することができます.

このエントリーでは,日本プライマリ・ケア連合学会の新・家庭医療専門医のポートフォリオエントリー「EBMの実践」を想定した,EBMポートフォリオ作成のポイントを解説しています.ここではエッセンスだけを示しますが,詳しい解説は,The SPELL-なんごろくの「EBMポートフォリオ作成のコツ」に載せてありますので,興味のある方はぜひご覧ください.実際の作成例もあります.

EBMポートフォリオ作成における25のポイント

  • 選ぶべきは判断に迷った症例
  • 普段やっていることを書く
  • Step4/5を重視
  • Step4でエビデンスの適用を考える際の要素を盛り込む
  • 事例の記述の部分はなるべくコンパクトにまとめる
  • 臨床疑問は患者を主語とした1文で,疑問形で書く
  • Step1はPICOに分ける
  • 患者を主語とした1文になるように書く
  • アウトカムは患者にとって重要なものになっているか
  • 利益と害の両方を含み,カテゴリーも添える
  • Step2は系統的な情報検索が求められているので,1本の論文ではなく二次資料を中心に記載する
  • なるべく複数の情報源に当たる
  • 二次資料のまとめや推奨を中心に記述する
  • 検索日も入れる
  • Step3は二次資料中のエビデンスについて吟味する
  • Step1で設定したアウトカムに沿って検討する
  • エビデンスは,包括的に評価するために主に最新のシステマティックレビューを採用する
  • 方法の吟味ではなく結果の吟味を中心にする
  • 単に「有意差があった」で済ませるのではなく,効果の大きさを記す
  • Step4が最重要ポイントなのでなるべく厚く書く
  • EBM実践の4要素別に考える
  • EBM実践の4要素を図にするとわかりやすい
  • ポートフォリオの省察は,各Stepの振り返りであるEBMのStep5そのもの
  • EBMの実践の過程でどのような感情を抱いたか,自分の捉え方の変遷と得られた成長を記述する
  • 引用する文献は,事例特異的なものにする

出張EBMポートフォリオ作成WS承ります!

実際のEBMポートフォリオをブラッシュアップする「EBMポートフォリオ作成ワークショップ(EBM PF WS)」のご依頼を承ります.各種SNSまたはこちらからブログ主にご相談下さい.

湯島天神,2020/1/1撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。